img

一棟ビルについて

投資用の物件の買い方として、一棟ビルというものがあります。投資用に小さいビルを一棟購入しそれぞれのフロアで入居者を募集します。
特にRC(鉄筋コンクリート)構造の一棟ビルの場合、耐用年数は50年近くあります。50年もたつと老朽化により不動産価値は大きく下がりますが、その頃には購入した代金のローン支払いも終わり、ご隠居として賃料だけで生活できるといったメリットがあります。しかも長期ローンを組むこともでき、キャッシュフローを得やすくなります。
特に新築ですと少々賃料が高いながらも入居を希望する人は多いですので、入居率が高くなります。すべてのフロアに入居者がいる場合は高い収益を得ることができます。

区分保有というビルの数フロアだけを保有するという投資方法もありますが、こちらは同じ購入費用で大きいビルの1フロアだけを保有することができます。
その1フロアをさらにいくつかに区分しそれぞれに入居者を募集するといったレイアウトの自由性や管理運営における経費削減を図ることができますが、反面入居者がいなくなると収入が得られなくなるというデメリットがあります。

一棟ビルの場合、価格は高いですし管理費や修繕費もかかりますが、1フロアでも入居者が入れば収益を得ることができますので、収入が得られなくなるリスクは多少低くなります。

サラリーマン大家として一棟ビルを購入した場合、これまでに行なってきたビジネスの手腕で効率良く副収入を得ることができます。